カードローンとキャッシングの違い~枠・返済方法・金利の比較~



カードローンとキャッシング。お金を借りなければいけない時、それぞれの違いがわからず、どちらがよいのか迷ってしまいますよね?

ふと「お金を借りる」という点ではカードローンもキャッシングも同じ行為です。しかし、カードローンとキャッシングには返済方法や利用限度額など、多くの点で違いがあるのです。

違いを知らずに利用すると「限度額が少ないために、借りたい金額を借りられず、別の方法を模索している間に返済期限が…」といったような事態に陥ってしまうかも…。


でも、安心してください!このページでは、カードローンとキャッシングの違いに関するサイトを徹底的に調査した私が、カードローンとキャッシングの違いを詳しく解説していきます。

カードローンとキャッシングの違いを知ることで、「分割払いができるのはこっち」、「限度額が多いのはこっち」といったように、ご自身の利用用途に応じたお金の借り方を選べるようになります。


それではカードローンとキャッシングの違いについて一緒に見ていきましょう!


カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシングの違いって何なのかイマイチよくわかりませんよね。

ここでは、曖昧でわかりにくいカードローンとキャッシングの違いを簡潔にわかりやすく説明します。


キャッシングとは元々、「クレジットカードでお金を借りる」行為を指す言葉でした。

しかし、分割払い可能なカードローンが生まれたことで、一括払いしか対応していなかったクレジットカード会社はローンサービスを行う会社に顧客を持っていかれてしまいました。

焦ったクレジットカード会社は、クレジットカードにカードローンと同じ分割払い機能を付与。

サービス内容に違いをなくすことで顧客の流出を防いだのです。

このような経緯があって、両者の違いが曖昧になり「キャッシング=お金を借りること」と捉えられるようになりました。

この経緯もおさえた上で、カードローンとキャッシングの違いを説明すると、

カードローンは「ローンサービスを利用する際、必要となるローンカードを使ってお金を借りること」

それに対して、キャッシングは「クレジットカードに付帯しているキャッシング機能を用いてお金を借りること」だと言うことができます。


まずは、カードローンとキャッシングの違いが不明確な理由を簡潔に説明してきました。

それぞれが何を指しているのか、おわかりいただけたのではないでしょうか。

ここまで読んで、「大した違いはないじゃないか」と思ってしまったあなた。

注意してください。 カードローンとキャッシングには、利用する上で知っておかなければならない違いがあるのです。

ここからは、カードローンとキャッシングのどちらかを選ぶ際に知っておいたほうがいい両者の「違い」について3つの観点から説明していきます。

3つの観点とは、「枠」「返済方法」「金利」。

これら3つの違いを把握しておくことで、あなたに適しているのはカードローンとキャッシングのどちらの方法なのか、より明確になってくるはずです。


カードローンとキャッシングの利用限度の「枠」に違いはあるのか

まずは3つのポイントの中でも初めにおさえておきたいカードローンとキャッシングの枠について解説していきます。

「枠」と一口に言っても、それが何を指しているのかは人それぞれといったことが往々にしてあります。

ただ、一般的にキャッシングの際の「枠」とは「カードローンやクレジットカードの利用できる金額の限度」を表す言葉。

そのため、当ページでも「枠」=「利用限度額」として解説していきます。

最初に、カードローンとキャッシング、それぞれの利用限度額を見ていきましょう。


クレジットカードのキャッシング枠は、同一のクレジットカードのショッピング枠と同じとなっています。

このキャッシング枠は、個人の審査結果によって利用可能額に違いが出ます。

利用限度額は最大50万程度と決められていて、大抵は10万円程度。


増額申請をしても断られることが多く、銀行側から案内がこないと増額できない場合が多いので、「キャッシング枠の増額は難しい」と結論付けることができます。

一方、カードローンの場合は基本的には数十万程度なら融資してくれます。社会的信頼があり、計画的な返済が可能と判断された場合は数百万円の利用限度枠にすることも可能なのです。

そのため、たくさんのお金を借りたいけれどキャッシング枠の増額は難しそうだという方は、カードローンを利用することをおすすめします。


カードローンとキャッシング、2つの利用限度額の違いについてまとめると
カードローン>キャッシングとなります。

ここまでカードローンとキャッシングの違いについて説明してきましたが、ローンカードを作らずに、今持っている自分のクレジットカードのキャッシング枠を増額させて対処したいという方もいらっしゃるでしょう。

次は、そんな方向けにキャッシング枠の増額方法について説明していきます。

キャッシング枠を増額するためには

カードローンもキャッシングも限度額を増額させるために、返済実績(クレジットヒストリなど)を積み重ねて信頼実績を上げなければいけません。

一般的にキャッシングの枠、つまり限度額は消費者金融のキャッシングが50万円以下、そしてクレジットカードのキャッシング枠が10万円以下。

どちらも借入と返済を繰り返し、増額の申請をすることで徐々に限度額が上がっていきます。


カードローンもクレジットカードのキャッシングも、50万円を超える限度額にするためには、収入証明書の提出が必要。

収入証明書とは、給与明細、源泉徴収書、確定申告書などのことです。

これは50万円以下の借入の場合でも必要となることがあるので、しっかり意識しておきましょう。


ここまで、カードローンとキャッシングの枠の違いについて見てきました。

カードローンとキャッシングの両者を比較すると、カードローンのほうが利用限度額が多く、審査に時間がかかりません。

それに加えて、クレジットカードのキャッシング枠を増額するためには、数年間の返済実績の積み重ねと収入証明書の提出が必要…。

つまり、いきなり限度額を増額することは難しいと言えます。


以上のような理由から「たくさんお金を借りたい!」といった方や、「すぐにまとまったお金が必要!」といった方にはカードローンをおすすめします。

次に、カードローンやキャッシングを利用する際に、おさえておきたい「返済方法」の違いについて説明していきます。自分に適した返し方を知らないと、また別の機関でお金を借りることになってしまうかもしれません。

ここでしっかり理解しておきましょう。


「リボか一括か」返済方法の違い

ここでは、カードローンとキャッシング、それぞれの返済方法を解説していきます。

「一括払いと指定されているのを知らずに利用して、返済期限に間に合わなくなる」といったような事態に陥らないよう、ここでしっかりあなたが無理なく返済できる方を確認しておきましょう。

①カードローンの返済方法

カードローンの返済方法は一般的にリボ払いとなっています。

リボ払いとはリボルビング払いの略。毎月予め指定しておいた一定額を返済していく方法のことです。

大抵のリボ払いは普通預金から引き落とされ、引き落とされる金額はカードローンの残高によってスライドしていきます。

リボ払いには色々な支払方法があるので、申し込みの段階でチェックしましょう。

カードローンの、自分で決めた額を毎月分割で返していくという方法は、とても便利な返済方法です。

しかし、忘れてはならないことがあります。

それは、リボ払いでは「支払い残高」に一定の比率(手数料)を乗じた手数料がかかるということです。

収入などを考慮せずにカードローンを利用すると、支払い残高が増えて、支払期間が延長したり毎月の支払額が増えたりといった「厳しい状況」にどんどん追い込まれてしまいます。

②キャッシングの返済方法

キャッシングはクレジットカードのショッピング枠と同じ扱いですので、基本的には翌月一括払いとなっています。キャッシングもリボ払いが可能となっていることも多いです。

キャッシングはカードローンと比較すると、金利が高い傾向にあります。

分割で払いたいというご希望があるのであれば、カードローンのリボ払いを選ぶのが賢明でしょう。


まとめ
  • カードローン=リボ払い、毎月定額の分割払いが一般的

  • キャッシング=一括払い、毎月一括払いが一般的、リボ払いもあるところが多い



翌月一括払いができる範囲の借入であれば、キャッシングもカードローンもそんなに違いはありません。

ただし、分割払いになるような金額の借入をする時はカードローンで借りた時の方が利息が小さくてすみます。

長期で返済していきたいのであればカードローン。

クレジットカードをすでに持っていて、早めに一括で返済できるのであれば、クレジットカードのキャッシング枠。


…と使い分けていくのがよいでしょう。

次は、カードローンとキャッシングを利用するためにおさえておきたい「金利」について説明していきます。

金利の知識があれば、自分のキャッシング利用状況をしっかり把握できるようになります。


知っておくべき「金利」の知識

カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用するのであれば、最低限「金利」について理解していなければいけません。

カードローンとキャッシングの金利について、よく理解しないまま利用をしていると、払うべき金額をしっかり把握できずに「あれ、返せない…」となったり、ふと気づいた時に「こんなに利息を払っていたのか」といったことになるかも。

お金が必要でお金を借りたのに、さらに必要になるなんて嫌ですよね。

金利について理解しておくことで、カードローンやキャッシングを利用する際、必要となる利息を把握しながら利用することができるようになります。

キャッシング利用状況を把握する力があれば、今後も自力で計画的にお金の借入・返済をしていけるので最後に「金利」についてしっかり理解しておきましょう。


知っておくべき金利の知識

カードローンやキャッシングのサイトを見ると、金利は18%、14%といったように割合で示されています。

18%を例にすると、借りた金額に対して18%の利息を払うということに。

金利は年率。つまり、1年間お金を借りた場合に発生する利益の割合を示しています。

例えば、金利18%で10万円を借りた場合、1年後に払う利息は以下のようになります。

・10万円×18%(0.18)=18,000円
 
 [借りた金額×金利]

次にもっと身近な一ヶ月という単位で計算してみましょう。

1ヶ月借入した場合の利息の計算方法は、

・10万円×18%(0.18)÷365日×30日=1,479円

 [借りた金額×金利÷365(1年の日数)×利用日数]

…といったようになります。

「カードローンとキャッシング」どちらの金利がお得!?

翌月一括払いが可能な範囲ならば、両者にそこまで差はありません。

しかし、一括で支払いができないような金額の借入をするときはカードローンのほうが、利息が少なくて済みます。

一般的に銀行系、消費者金融系のキャッシングが金利18%前後に設定されているのに対して、カードローンは14.5%前後に設定されています。

カードローンの金利が18%、キャッシングの金利を15%として、10万円を借りたときの利息を比較してみると…

  • 1年間:カードローンが18,000円の利息。キャッシングが15,000円の利息
  • 1ヶ月:カードローンが1,479円の利息。キャッシングが1,232円の利息


…といったようになります。

こうして比較してみると、カードローンとキャッシングの金利の差は1ヶ月だと大した差がありません。

しかし、塵も積もれば山となる。

1年間で比較すると3,000円もの差が出てしまうのです。

見てもらうとわかるように金利は一般的にカードローンが14.5%前後、キャッシングが18%前後に設定されています。

キャッシングは金利が高く、長期間利用すると、どんどん金利が積み重なって負担が重くなってしまいます。

そのため、返済に長期間かかる場合は金利が低いカードローンを利用。

すでにクレジットカードを持っていて、わざわざカードローンを発行したくない場合や、少額で一括で返せそうな場合はキャッシングを利用する。


…といったように、ご自身の状況に合わせてどちらを利用するか決めるとよいでしょう。

「違いがわかりにくくなった経緯」「枠」「返済方法」「金利」と、様々な観点からカードローンとキャッシングの違いについて説明してきました。

このページを読んだあなたは、カードローンとキャッシングについて理解し、自分に適した方を選べるようになっているはず。

あとは自分が良いと思うカードローン会社やクレジットカード会社を選んで契約するだけです。

あなたが無理なく利用できるサービスを選択し、安心して利用できることを願っています。
PAGE TOP