未分類

キャッシング審査で見られるポイントとオススメ会社を紹介!

「キャッシングをする時、どんなことを審査されるのか知りたい」

初めてキャッシングする方も、一度落ちて再申請する方も同じように思うのではないでしょうか。

実はキャッシングを行っている会社は数多くあっても、審査でチェックされているポイントはどこも大差ないということをご存知でしたか?

つまり、審査のポイントをおさえて基準を満たしてしまえば、大抵の会社の審査には通れるということになるのです。

このページではキャッシングのサイトを徹底的に調査した私が、審査で見られているポイントを解説。そして、審査に通る人の特徴を明らかにします。

キャッシング審査で何が見られているのかをここで知っておくことで、あなたはより確実にキャッシングを行えるようになるでしょう。

それでは、キャッシングの審査で何が見られているのか一緒に見ていきましょう。

何を見られてる?キャッシング審査でチェックされるポイント

キャッシングする時、気がかりなのはやはり「審査」。

キャッシングを初めて利用する人も、一度落ちたことがある人も必ず意識してしまうのが審査の存在ですよね。

一般的な消費者金融はキャッシング審査の基準を公開しておらず、どう対策すればいいのかわからないというのが実情だと思います。

そこで、ここではキャッシング審査に通らない理由を整理して、キャッシングの審査では何が見られているのか導き出していこうと思います。

キャッシング審査に通らない理由は大きく分類して以下の3つ。

1、信用情報が原因で審査に落ちる
2、収入が原因で審査に落ちる
3、職業が原因で審査に落ちる

それでは一つずつ詳しく見ていきましょう。

1、信用情報が原因で審査に落ちる

銀行系でも消費者金融系でも、どの金融機関でもキャッシングの審査の時、「信用情報」がチェックされます

信用情報とは、JICCやCICといった信用情報機関で管理されているもので、これにはクレジットカードやローンなどの利用履歴・申し込み履歴など、ありとあらゆる個人の金融情報が記載されています。。

この信用情報でチェックされるのは「金融事故を起こしていないか」ということ。
具体的には以下の2点が確認されます。

・延滞記録はないか
・他社借入額が申込者の年収の3分の1を超えていないか

まずは、延滞記録について。

複数社にキャッシングの申し込みを行っていたり、返済の延滞記録があると、「この人は借りたお金をちゃんと返してくれなさそうだな…」と判断されてしまいます。

どんな会社も、きちんと返済してくれない人にはお金を貸したいと思いませんよね。

次に、借入額が申込者の年収の三分の一を超えていないかということについて。

消費者金融は賃金業者で、賃金業法という法律に基づいて業務を行っているということをご存知でしたか?

賃金業法の中には、「総量規制」というルールが存在しています。

総量規制とは、「キャッシング借入額の合計が申込者の年収の三分の一を超えてはいけない」という規則のこと。

消費者金融はこの法律を守って業務を遂行するので、年収の三分の一を超える額を借りている人には絶対お金を貸してくれないのです。

2、収入が原因で審査に落ちる

原則としてキャッシングは安定した収入がないと申し込みができないことになっています。

安定収入が指しているものは、業者によって多少の違いはありますが、基本的には「毎月の収入がある」ということ。

一般的にキャッシング審査の際には、収入証明書の提出が求められます。

この収入証明書によって、返済能力があるかどうかが判断されるのです。

3、職業が原因で審査に落ちる

(前提として、反社会的な団体と関わりのある方は正規の会社でキャッシングを行うことができません)

基本的には、安定収入がある限り、正社員でなくてもお金を借りることができます。

つまり、契約社員や派遣社員などの方、パートやアルバイトの方でもキャッシングを行うことができるのです。

ここまで、キャッシング審査に通らない理由を書いてきました。
通らない理由は、言い換えると「キャッシング審査の時に見られている点」だと言うことができます。

審査に通りやすい人とは、上記のような落ちる理由がない人です。

上に書かれている3点を全て満たすように、自分の状況を整えて審査に臨めば、どんな会社で申し込みしてもキャッシング審査に落ちる可能性はグンと減るでしょう。

しかし、「2、収入が原因で審査に落ちる」「3、職業が原因で審査に落ちる」の部分を見て気になった方もいるのではないでしょうか?

「専業主婦や年生活者、失業中といった無職の人はキャッシングできないの?」と。
安心してください。

次の項目で、無職の人はキャッシングできるのかどうかについて説明していきます。

無職でもキャッシングできるのか

最初の項目で、職業や収入によって審査に通るかどうかが決まるということがわかったと思います。

ここで、「じゃあ、自分は審査に通らないのかな」と思ってしまったのは、専業主婦、失業者、年金生活者、学生など無職の方が多いのではないでしょうか?

でも、諦めてしまってはいけません。

実は、無職は無職でも、キャッシングすることができる人もいるのです。

ここでは、無職でもキャッシングできるのかどうかについて見ていきましょう。

基本的には、無職の方がキャッシングの審査に通るということはありえません。

法律に基づいて業務を行うまっとうな会社ならば、貸付条件である「安定した収入がある」を満たしていない人にお金を貸し出すことはないため、実際問題、無職がキャッシングできることはほとんどないでしょう。

しかし、「専業主婦の方」は無職の中でも審査に通る可能性が高いです

専業主婦の方が審査に通りやすい理由として、配偶者に安定した収入があるということが挙げられます。

働かずに主婦をしていられるということは、多くの場合、配偶者の収入だけで安定した生活ができているということ。

つまり、「十分に収入がある」とキャッシング業者に判断されるのです。

そのため、無職の中でも専業主婦の方は審査に通りやすいのです。

繰り返しになりますが、専業主婦の方を除いて、無職の方が審査に通るということはほとんどありえないことです。

無職の方が審査に通ってキャッシングを行うためには、まず安定した収入を得ることが必要に…。

派遣社員、契約社員になること、パート、アルバイトになることでも、キャッシングできるようになる可能性は高まります。

ですので、安定した収入がない無職の方は、まず何か職に就くことをオススメします。

最後に、キャッシング審査に不安を抱える方むけに審査の甘い中小系会社を紹介していきます。

審査の甘い中小消費者金融を紹介

キャッシングを行っている会社には、審査の厳しいところも甘いところもあります。

みんなが知っているような銀行や、大々的に広告を出している消費者金融は基本的に審査がしっかりとしていて、少し厳しい傾向にあります。

そこで、ここでは「審査に通る自信がない」という方や、「少しでも確実にキャッシングを行いたい」といった方むけに、

キャッシング審査の甘い中小消費者金融系の会社を紹介していきます。

中小というと、あまり有名ではありませんし、「本当に大丈夫なのかな?」と心配になる方がいるかもしれません。

でも安心してください。

ここでは、日本賃金業協会に加盟している正規の会社のみ紹介しているので大丈夫です。

業者名実質年率利用限度額特徴日本賃金業協会会員番号
審査の甘い会社①
ライフティ
8%~20%1000~500万円までネット申込み可能
24時間申込受付可
来店不要、最短即日キャッシング可
おまとめローンに注力
第005552号
審査の甘い会社②
セントラル
4.8%~18%100万円までネット申込み可能
24時間申込受付可
来店不要、最短即日キャッシング可
自己破産・債務整理などしていても申込可
第001473号
審査の甘い会社③
フタバ
15%~18%50万円までネット申込み可能
24時間申込受付可
来店不要、最短即日キャッシング可
実質年率が低くお得
第000034号
審査の甘い会社④
アロー
15%~19.44%200万円までネット申込み可能
24時間申込受付可
来店不要、最短即日キャッシング可
借入限度額が多い

第005786号


ここまで「キャッシング審査」に関する内容を幅広く説明してきました。

審査内容や審査の甘い会社まで知ったあなたは「自分はキャッシングできそうかどうか」を判断する力がついています。

今後は、審査に落ちるリスクを自ら回避して、より確実にキャッシングを行えるようになるでしょう。
PAGE TOP